• ホーム
  • 男性の更年期障害もある!?

男性の更年期障害もある!?

更年期障害というと、女性がなるものと長らく思われてきました。
しかし、更年期障害は女性だけではなく男性にも起こるものです。
症状は体・心・性の3つに分けることが出来ます。
発症する年齢は40代以降の中高年層で、男性ホルモンであるテストステロンが減ることにより、ホルモンバランスが崩れてしまうことが原因とされています。

初期症状としては、やる気がない・イライラする・疲れやすいなどがありますが、適切な治療を行わないままでいると、うつ病のような症状が見られるようになることもあります。
更年期に関係なく、中高年層の男性は、うつ病やうつ症状を発生しやすい傾向にあります。
そのような時にホルモンのバランスが崩れることで、精神状態が不安定になってしまうことが考えられます。

男性の更年期障害では、不眠症を併発することもあります。
十分な睡眠時間を取ることが出来ない状態が続くことにより、疲労が取れない、免疫力の低下、血圧の上昇、深刻な場合には、認知症やうつ病、心臓病、前立腺がんを引き起こすきっかけとなることもあると言われています。

女性の場合は、閉経がきっかけとなることも多く、知名度も高いことから分かりやすいと言えますが、男性の場合はそのようなことはなく、いつ発症したのか分からないという人も少なくはありません。
また、本人はもちろん、周囲の人も年齢的なものであったり他の病気と間違えるケースもあります。

治療については、まずは病院の泌尿器科を受診するようにしましょう。
最近では男性の更年期の診察・治療を専門的に行っている病院もあります。
そこで、テストステロンが著しく低下しているようであれば、テストステロンを補充するという治療が行われます。
治療方法としては、筋肉注射や飲み薬、漢方薬、サプリメントなど一人ひとりの症状に合わせて最適なものが選択されます。
一人で悩まずに誰かに相談をするということから始めてみても良いかもしれません。

重大な病に発展する場合もある!

40代以降の中高年層の男性で「疲れが取れない」「やる気が出ない」「イライラする」などの自覚症状があるという場合には、男性ホルモンであるテストステロンが減少することによって生じる更年期障害である可能性があります。
更年期障害はそのまま放っておくと、認知症やうつ病、がん、心臓病などの重大な病に発展する可能性もあるとされています。

そもそも、男性ホルモンであるテストステロンには、筋肉や骨を作る、性機能を維持するという働きがあります。
このホルモンが低下することで、筋力や発汗機能の低下、不眠などの不調をもたらします。
さらに、認知機能にもテストステロンは影響しているため、減少することにより感情面にも大きな影響を及ぼすということが近年の研究で分かってきています。

その他にも、テストステロンには血管を拡張して血液の流れを良くするという働きがあります。
テストステロンが減少した結果、動脈硬化が進行しやすくなり心筋梗塞や脳卒中などの命に関わる病気のリスクが高まるとされています。
さらに、記憶や認知機能が低下することで、認知症につながる恐れもあるようです。
また、男性がかかるがんとして最も多いのが前立腺がんですが、男性ホルモンが低い人はそうではない人に比べて悪性度の高い前立腺がんが起こりやすいと言われています。

このように、男性ホルモンであるテストステロンの低下は心身に大きな影響を及ぼすということが分かってきています。
以前に比べると男性の更年期障害は多くの人が知るところとなりましたが、女性の更年期障害と比べるとまだまだ知られていないのが現状です。
自己判断で悩まずに、まずは病院を受診するということが大切なことでしょう。

関連記事