• ホーム
  • 更年期障害にピルは効果がある?

更年期障害にピルは効果がある?

更年期障害にピルは効果があるのでしょうか?更年期障害は、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが低下して起こる症状です。
エストロゲンは脳の視床下部から卵巣に命令が出され分泌されます。
しかし、年齢により卵巣機能が低下すると以前のようにエストロゲンを出すことができなくなってしまいます。
視床下部はこの状態をなんとかしようと体に様々な異変を起こさせるのです。
これが更年期障害の原因です。
急に体が火照ったり、汗が出たり、動悸、息切れなど様々な症状が現れます。

ピルもホルモン補充療法も女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)が含まれています。
しかしその含有量については違いがあり、治療の目的が異なります。
結果から言えば更年期障害でピルを使用するのは危険です。
ピルに含まれているエストロゲンは、ホルモン補充療法で使用するものの5倍以上も強く、主にホルモン異常などの疾病に用いられたり、重い月経障害や避妊のために使用されます。
更年期に服用すれば子宮内膜増殖症や子宮筋腫の増大など病気の発症率を高める恐れがあります。

その点、ホルモン補充療法は必要最小限のエストロゲンを補充します。
補充量は個人差があるため医師と相談の上決めますが、減少する女性ホルモンを穏やかに補充していくため体に過度な負担をかけなくて済みます。
日本では、飲み薬・貼り薬・塗り薬が健康保険適用となっています。

飲み薬はとにかく毎日忘れずに飲まなければならず、忙しい人には大変負担となります。
また、飲み続けることで副作用の心配も出てきます。
それに対して体に貼るパッチタイプのホルモン補充薬クリマラは、一回貼りつければ一週間効果が持続するため、大変手軽で薬のように飲み忘れもありません。
体への負担が少なくなるように開発されていて副作用の心配もほとんどありません。
プレマリンクリームは塗り薬です。
使用によりホルモンバランスの崩れをケアし、膣炎やお肌のトラブルを改善します。
また、副作用が少ない点でも人気があります。

ホルモン補充が目的ならクリマラもある

女性ホルモン補充が目的ならクリマラがおすすめです。
クリマラはお肌に張り付けるパッチタイプで、女性ホルモンを補充することができます。
局部に直接注入するプレマリンクリームのようなタイプやピルとは違って、クリマラはお肌に貼るだけで有効成分の「エストラジオール」を吸収することで更年期障害や卵巣欠落症状に効果を得ることが可能です。

ホルモン補充薬には錠剤がよく利用されますが、クリマラの特徴としてパッチタイプによるお肌から吸収するので錠剤と比較すると非常にゆっくりと吸収する仕組みになっています。
時間をかけて吸収されるのでエストロゲンの濃度の急な上昇を防ぐことができたり、肝臓に負担がかかりにくいと言われています。
一度貼ると効果が1週間持続するので、飲み薬にありがちな薬の飲み忘れを防ぐことができるでしょう。
更年期障害のいろいろな症状を改善することができ、女性ホルモンのバランスを整えることが可能です。
更年期や卵巣機能の低下などが原因により、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が低下すると身体にさまざまな不調が現れるでしょう。

クリマラの有効成分であるエストラジオールはエストロゲンの一種です。
クリマラをお肌に貼るだけでエストロゲンなどの欠乏から起きる体の不調を改善することができたり、閉経の影響によりエストロゲンの分泌量が低下することで現れるいろいろな更年期障害の治療に利用されています。
更年期障害による多汗やほてり、のぼせなどに効果があるとして、年齢に関係なく使いやすいので多くの人が利用しています。
貼りつけると効果は一週間持続しますが剥がしてしまうと、粘着力が弱ってしまうので剝がさないように注意しましょう。

関連記事